社長ブログ

受け入れ準備完了!!

Date: 2024.07.18(Thu) Categories:

私の好きな言葉に「念ずれば通ずる」というフレーズがあります。今回もこのセリフが当たりました。現在のロードスターコレクションでNC型は中期の「つり目」は所有しているのですが初期の「楕円ライト」の可愛いの顔も欲しいと思って出会いを待っていました。そんな想いが梅雨明けのころに現実となります。入荷と同時にリフレッシュできるように、交換したいパーツを注文しておきました。いつものことで、「今回のクルマは足替わりに使って、雨降りにも乗ってやろう!」という普段使いのつもりですが各局、仕上がった姿を見ると、汚すのが嫌で「晴れの日」専用の観賞用になってしまうのでしょう。ロードスター収集はこれで封印します。

IMG_5603

エンジンの振動を吸収するエンジンマウントが劣化・硬貨すると車内に振動が伝わってきます。

快適に乗りたいのでエンジンマウントを交換し、静かなドライブを楽しみます。

IMG_5606

ショックアブソーバーのオイルが抜けているようなので オートエグゼのスポーツダンパーに交換します。しなやかなセッティングと赤い色(外からは見えませんが)に惹かれました。

IMG_5604

せっかくダンパーを変えるついでにローダウンスプリングも手配しました。定番のRS-Rです。ダウン量は2.5~3.0cmです。

IMG_5602

高回転まで滑らかに吹き上がることを期待してエンジン添加剤も奢ります。

車体の入荷が待ち遠しいです。整備風景も追ってご案内したいと思います。

新製品のご紹介!!

Date: 2024.07.09(Tue) Categories:

今どきのエンジンは10万キロを超えてもびくともしません。勿論オイル交換など基本のメンテナンスは必要ですが。今回お勧めするのはインジェクターおよび吸気バルブや燃焼室に蓄積したデポジットを除去する添加剤です。使用法は満タン時に1本注入するだけです。今まではマツダ純正品を使ってましたが、この度マツダパーツから同等の商品が発売されました。猛暑でバテ気味のエンジンにご褒美として注入してはいかがでしょうか?

IMG_5595従来使用してましたマツダ純正添加剤です。デポジットクリーナー。燃料系統に蓄積したデポジットを洗浄してくれます。

IMG_5596今回登場のインジェクタークリーナー 成分はほぼ同じのようです。高額なインジェクターの性能を維持してくれそうです。

IMG_5597発売元は マツダパーツなので 信頼度も高いです。

IMG_5598ボトルも同じに見えますがマツダのマークが有るか無いかのちがいが・・・

私も一度ロードスターで試してみます。ご興味のある方はお申しこみ待ってます。

ロードスター ターボ 貰いました。

Date: 2024.05.02(Thu) Categories:

マツダのロードスターは現在4世代目です。それぞれのモデルに特徴や魅力があります。その2世代モデルの限定車としてターボ搭載車があります。以前に当社でもマスコットカーとして展示していましたが手放すと恋しいものです。そんなときにメカニックのF君がワインレッドの上物をプレゼントしてくれました。1/64スケールですが現車のスタイルが隅々まで再現されています。こちらは手放さず永久保存します。

IMG_5372IMG_5375

ホットウイール製ですがプレミアムモデルで造りは精巧です。パッケージもカッコよく開封せずに眺めて楽しみます。ターボモデル専用 17インチホイルがリアルに再現されてます。

IMG_5373IMG_5374

以前手に入れたマッチボックス製 現行モデル。こちらも雰囲気は抜群です。

IMG_5370IMG_5371

過去に投稿していますがこれもマッチボックス製。私の1号機にそっくりという事でF君にもらったものです。ミニチュアもたまる一方です。

ロータリーエンジンEV MX-30 体感試乗の巻

Date: 2024.04.14(Sun) Categories:

11年ぶりに復活したロータリーエンジン(RE)を発電用に搭載し電気で走るMX-30のデモカーがやってきました。発表当初は「REがタイヤを直接駆動しないと意味がない」と高をくくっていましたが現車を前にするとワクワク感がとまりません。ボンネットの下にREが搭載されているだけで特別なオーラを感じます。REのフイーリングはもともとが電気モーターのようであるといわれていますが、そういった意味ではプラグインハイブリッドとの組み合わせも相性が良いと思います。乗り味はスムーズそのもの、ハンドリングはマツダの得意のナチュラルなオン・ザ・レール感覚です。単純な私はMX-30 ROTARY-EV にイチコロでした。

IMG_5339IMG_5341

IMG_5342IMG_5340

バックドアのオーナメント と フロントフェンダーにさりげなく輝くエンブレム!!

IMG_5343IMG_5344

独自のメータパネルでバッテリー状況をモニターできます。期待のロータリーサウンドは控えめでした。あくまでもジェントルな味付けですが車体のキャラクターにはちょうど良いのかも。

こうなるとモーターショウに参考展示された本格的RE-EVスポーツカー「アイコニック」(昨年12月掲載記事参照)に期待が膨らみます。

アルミパーツで引き締まります!!

Date: 2024.03.11(Mon) Categories:

ホンダ車からCX-5にお乗換えのH様は、ドライブ好きな素敵な女性です。クリーンディーゼルの圧倒的な加速感と低燃費に大いにご満足いただいております。今回点検を兼ねて前後のアンダーガーニッシュを取付けさせていただきました。ポリメタルグレイのボディにアルミのメタリック感がマッチしてSUVらしさが強調されました。これからもドレスアップ計画が進みそうです。個性的な1台に進化するのが楽しみです。

IMG_5240IMG_5237

取付前の下地処理と位置決めが大切です。

IMG_5239IMG_5238

アルミ独特の輝きがいいですねー。

IMG_5255IMG_5254

IMG_5256標準装着のサイドガーニッシュと統一感が出ました。クールに仕上がりました。

RHT(リトラクタブル ハード トップ)のリフレッシュ!!

Date: 2024.01.28(Sun) Categories:

この冬1番の寒波で中部地方も大混乱しましたが、来週は春を思わす好天になりそうです。そんなわが国では、オープンカーに対する憧れはあっても気候やガレージ事情などで幌車をあきらめる方も少なくありません。そんなお悩みを解決するために開発されたのが電動式ハードトップです。マツダではRHTの名称でNCタイプに設定されました。当時はルーフの開閉時間が世界最速という事もトピックスになりました。今回そんなハードトップの再塗装のご依頼を頂き、新車の輝きを再現させていただきました。愛着を持ってお乗りのおクルマに輝きが戻り私どもも喜びを感じて居ります。

IMG_4923IMG_4924軽量素材の塗装面は劣化しやすく表面がくすんでしまっています。こうなると塗装しか手立てがありません。

IMG_4942IMG_4941丁寧に時間をかけて作業させていただき新車の艶が復活しました。

IMG_4943IMG_4945ボンネットカウルの樹脂も白ボケしていたので新調させていただきました。黒々した樹脂パーツで一気にリフレッシュ感がアップします。

IMG_4944同時作業でロールバーカバーをアルミ調に交換してオープンカーらしさが強調されました。

 

 

 

久しぶり 大阪モーターショウ!!

Date: 2023.12.09(Sat) Categories:

今年は阪神タイガースの「あれ」で大阪の街は例年になく活気づいているようです。半面 大阪万国博覧会については勢いだけでなく慎重に進めていただきたいと強く感じて居ります。今回は所属しております松阪商工会議所・自動車事業部会の視察としまして「大阪モーターショウ」に行ってまいりました。これまでの数回のモーターショウでは環境に配慮した(走りはおいてけぼりの)エコなモデルが主流でしたが今回は各メーカー走りを期待させるスポーツタイプの展示を前面に押し出し、私にとってもエキサイティングな1日でした。日本の自動車業界はまだまだ期待できそう!?です。

IMG_4640IMG_4642

IMG_4641IMG_4638

私の目当てのマツダ アイコニックSP ロータリーエンジンで強力な発電をしてハイパワーモーターで走るようです。(本当はロータリーエンジンでタイヤを回してほしいのですが・・・)

IMG_4637IMG_4652

IMG_4650IMG_4654

1日見ても時間は足りません。

IMG_4651IMG_4662

アストンのF-1 から国内2台のGT-Rまで見どころ満載。

IMG_4658IMG_4657

RX-7のレストアプロジェクトとNBロードスターは関西マツダの出展でした。

トラックもLEDヘッドライトで夜道も安心。

Date: 2023.11.17(Fri) Categories:

急激な冷え込みで秋の深まりを実感するようになりました。そういえば夜明けが遅くなり、夕暮れが早くなっています。交通事故も夕方の暗くなり始めの時間帯の発生が多いようです。皆様、早めのライトオンで安全運転をお願いします。今回トラックを複数お使いのM商店様から3トン車の「ヘッドライトが暗くて運転しずらい」とのご相談でLEDバルブに交換することにしました。乗用車と違って業務仕様に耐えうる(振動や長時間の使用)信頼性の24V対応のものをチョイスしました。LEDバルブが出始めのころは「球切れが無く半永久的に光る」なんて言われてましたが、熱害や基盤割れなどで点灯しない事例が発生しています。信頼のおける製品のご使用をお勧めします。

IMG_4594IMG_4596

熱対策の大型ヒートシンクが装備されてます。

IMG_4598IMG_4599

左)従来のハロゲンバルブ 右)LEDバルブで明るさ段違い!!

基本はハイビームで走行するように啓蒙されていますが実際、街中では対向車や先行車がいれば無理です。矛盾を感じます。新型車のオートライトはすぐにハイビームに自動切換えされますが乗っている私は周りに迷惑がないかヒヤヒヤします。

 

ブレーキキャリパー 塗装させていただきました。

Date: 2023.10.01(Sun) Categories:

本格派スーパーカーフリークの市内H様、気軽に日常生活で楽しむためにロードスターをご購入いただき1年少々経過しました。この度気分転換でブレーキキャリパーをレッドにペイントするためご入庫いただきました。ブラックホイールの奥に見えるキャリパーがお洒落カコイイです。ちなみにキャリパーペイントはマツダ純正用品として設定のサービスです。

IMG_4413IMG_4439

NDロードスターは徹底した軽量化にこだわっております。ホイールハブも4穴仕様です。

IMG_4440

純正アルミホイールも高剛性軽量タイプで質量約6.8Kgです。私はNBロードスターに流用・装着しています。

IMG_4442

ご入庫のついでに北米輸出仕様 MX-5用ステンレス スカッフプレートも取付させていただきました。

ワタシはカラス!?

Date: 2023.09.15(Fri) Categories:

新しくマスコットカーに仲間入りしましたアテンザセダン号。「シンプルに乗ります宣言」をしたばかりですが気が付けばパーツのサイトを覗いています。もともと付けたかったのがフォグランプメッキベゼル。昔人間の私はキラキラ光るものを付けたがります、カラスのように。ブラックボデイにメッキパーツはゴージャスに見え、ホワイトボディにワンポイントのヒカリモノは上品に見えます。食事もクルマの飾りつけも「腹 八分目」がポイントです。

IMG_4337IMG_4338

ビフォアーアフター。それほど目立たないのが〇です。

IMG_4336IMG_4339

左右の低い位置のフォグランプが目立つ事でアテンザのワイド&ローが強調されました。ただ単にローアングルで撮影したという声もありますが・・・

ホイルを付けるために探してきました!!

Date: 2023.09.09(Sat) Categories:

近頃、偶然にもアテンザ/マツダ6のセダンの整備入庫が重なっています。デビューから10年近く経過していますがクーペ的なデザインは今でも魅力的です。そのアテンザセダンを整備していたメカニックF君が「部品庫にストックされているCX-60 用の20インチアルミホイールがこのデザインにマッチしそうです。」とつぶやきました。その時は私は聞き流していたのですが、その言葉が頭の片隅に残っていたようで、知らず知らずのうちに20インチ用のタイヤを手配してしまいました。後は取り付ける車体を探すのみとなりました(順序がおかしいようですが・・・)アテンザセダンなら色も搭載エンジンも拘りはなかったのですが、たどり着いたのはパールホワイトのクリーンディーゼルL パッケージでした。内心は狙い通りの組み合わせのモデルです。早速、ボディの磨き込みから車台の備を済ませて念願のホイル装着とあいなりました。当分はロードスター1号機はガレージで留守番になりそうです。

IMG_4324IMG_4327

車体のコンディションはまずまずです。ディスクローター〜キャリパーが汚れていたので化粧直しをします。

IMG_4326IMG_4330

左 XD―Lパッケージの19インチもカコイイのですが、20インチという響きに負けました。(スポーツカーのむやみなインチアップ否定派ですがファッション的には憧れます!)

ホイルの隙間から覗くブレーキキャリパーが光り輝いてます。タイヤサイズは245/35-20です。マツダ車としては頑張ったサイズです。

IMG_4331

左前に搭載の「i-Eループ キャパシタ」減速時のエネルギーを電気エネルギーとして瞬時に蓄え発電ロスを抑制します。

IMG_4332IMG_4334

余計なパーツは付けないでシンプルに乗りたいかな?

 

ムーンライト ツーリング。

Date: 2023.08.02(Wed) Categories:

直射日光マニアの私でも今夏のオープンカーはメゲテしまいます。けれど幌を閉めて乗る罪悪感はぬぐえません。そこで夜明け前のツーリングにシフトしました。4:30にエンジンスタートをして夜空を見上げると西にはまだ満月がきれいに輝いていました。近頃はスーパームーンとかブルームーンとかいろいろ名称ができていますが今朝の満月も大きくて美しかったです。水上バイクの船舶手帳には航行時間帯として「日の出から日没まで」と記載されていますが当分ロードスターの走行時間帯は「日没から日の出まで」となりそうです。

IMG_4239IMG_4238

写真では表現できませんが明るく大きな満月でした。

IMG_4242IMG_4245

パールロードで日の出を拝み、帰り道は南張海浜公園で豪快な波しぶきで気分爽快。

IMG_4246沖縄付近の台風のうねりが届いています。画像では伝えきれませんが高波です。自然の猛威は侮れません。

スケールは小さいですが夢は無限大です。

Date: 2023.06.18(Sun) Categories:

今の時代、電子書籍の定額購入が人気のようですがアナログな私は定期的に書店を訪ねます。情報誌のコーナーでは特集記事のタイトルと表紙の構図が気に入ると購入します。今回はメルセデスSLのイラストが欲しくて選びました。そういえばSLのミニカー(缶コーヒーのおまけの1/72スケール)がデスクの引き出しに眠っていることを思い出しました。おまけの割にはディテールも精密で内装も塗装されて出来栄えはよかったのですが。ホイールのみプラスチック色でイマイチ飾る気分になれずにいました。たまたま、メッキスプレーがあるのを見つけホイルを塗装して、良い感じになりました。もう一台SLKも探し出して並べることにしました。こんな名車がガレージにあれば「嬉しいな」どと妄想は膨れる一方です。

IMG_4055油絵調のイラストが気に入って、引き出しのミニカーをリフレッシュすることとなりました。

IMG_4012IMG_4018

IMG_4015IMG_4016

車体に合わせてデザインも作り分けています。缶コーヒーのおまけは侮れません。たいやもリアルなゴム製です。

IMG_4019IMG_4022

IMG_4054IMG_4017

アサヒペン メッキスプレーのおかげで 名車が2台よみがえりました。

 

後期型 センティア 復帰!!

Date: 2023.04.28(Fri) Categories:

日に日に日照時間が延びる春の匂いの夕暮れは心が浮き立つものです。クルマ磨きマニアの私の天敵の花粉や黄砂も収まり、うれしい季節になりました。お気に入りのジムニーの距離計は190kmのままですが思い立ってショールームにディスプレイしてあった2代目センティアの車検を通して路上復帰させることになりました。当時は不人気の後期モデルでしたが今では「これも良いか」と見えてきました。人間の嗜好や感性は歳と共に変わるのか?それとも時代の価値観の変化によるものなのか?まあ、自分が気に入った物に囲まれて暮らすことが幸せであります(槙原敬之の曲みたい)。今の最大の関心ごとはGWのお天気です。どうか雨が降りませんように!!

IMG_3871気分転換に今までのナンバープレートは交換することにしました。

IMG_3868平成7年式の正真正銘 最終車台ナンバーです。走行距離はジャスト2.0万kmになりました。

IMG_3867タイヤサイズが現代のレベルから比べると貧弱です。なんと15インチ!!

IMG_3875黒メッシュのホイルに YOKOHAMAアドバンdbを付けて出来上がり。dbの乗り味を「絨毯の上を走る感じ」と書いてありました!?

 

 

ほぼ1年越しの入荷です!!

Date: 2023.03.17(Fri) Categories:

人間も道具でもタフさや信頼性の高さに魅力を感じます。高級車ではランクル、身近なところではジムニーが人気なのもそういった頑丈さが受けているのだと思います。私は基本的に車高の低いロードカーが好みですがひそかにジムニーをオーダーしたのが昨年の桜が散り始めたころでした、そんなことも忘れかけていたところ他営業店でキャンセルが出たとのことで急遽入荷となりました。以前のモデルとくらべて静粛性や乗り心地も改善され日常の使用にも使えそうです。これからは林道や泥濘地にアドベンチャーツーリングにチャレンジしたいです。(多分、泥汚れが気になって行かないかも)

IMG_3749IMG_3748

出荷時は背面タイヤは積込みでついていない状態です。サービスカーに付いていたキャリアをレストアして取り付けます。

IMG_3752IMG_3761

部品庫で寝むっていた社外品のアームレストが余っていたので取り付けてみました。角度調整式の優れものです。処分ずに残しておいてよかったです。

IMG_3758IMG_3759

ジムニー伝統のラダーフレームが良く見えます。赤いマッドガードはお約束。前輪のブレーキキャリパーは悪路走行に対応するよう上部についてます。

こういったコダワリを見つけると喜びを感じます。

IMG_3757IMG_3762

TOYOのオープンカントリーをチョイスしました。オンロード/オフロード性能のバランスが良く人気上昇中です。なによりトレッドパターンがカコイイ!!

憧れのホワイトレターです、出荷時はブルーの保護剤が塗布されています。ルーフキャリアもつけて出来上がり!!

 

ブルーアースGTで展望台巡り!!

Date: 2023.02.22(Wed) Categories:

縁あってパールホワイトのND型ロードスターが入荷しました。ふと足元に目をやると省燃費のエコタイヤ「ヨコハマ ブルーアース」が装着されていました。メカニックのF君の前で「ライトウエイトスポーツのロードスターにブルーアースはミスマッチ」と笑い飛ばしたところF君曰く「このブルーアースは少し走りを意識したGTグレードですよ!!」とのこと。その一言で私の好奇心に火が付きました。さっそく晴天のルート260にくりだしたところ、ロールしながらコーナーを抜けるロードスターの足回りの味付けにマッチし、気持ちよく曲がってくれます。もちろんノイズや突き上げは標準装着のアドバンスポーツより快適で、すっかり遠くまで走ってしまいました。ブルーアースGT恐るべし。

IMG_3673IMG_3676

おなじみハート形の入り江が見える江見島展望台。

IMG_3675IMG_3680

海と青空に飛び出すようなブランコのあるたちばな展望台は映画「青夏」のロケに使われたようです。

IMG_3684IMG_3685

ルート260は海岸と山が同時に楽しめ至る所、絶景ポイントです。

IMG_3688IMG_3686

転がり抵抗が少なく平均燃費19.7Kmを記録。燃費を気にして乗ってませんが、航続距離が延びるのは嬉しいです。

ブルーアースGTに死角なしと言いたいですが、ミーハーな私はスポーツタイヤの大きなブロックパターンのデザインがやっぱり1番です。

ブロンズカラーが気に入りました。

Date: 2022.10.01(Sat) Categories:

前回ご紹介しましたエンケイ製アルミホイール何とか活用したいと考えてはいましたがついているタイヤサイズが205/60-16と外形が大きい為マッチングする車体が限られていました。悶々と日々が過ぎ去りホイールの事も頭からカスレはじめたある日205/50-16サイズのダンロップ ディレッアが手に入りました。このサイズならNC型ロードスターにベストマッチです。RSグレードの17インチ純正アルミホイールも気に入っていたのですがホワイトの車体にブロンズのホイルの組み合わせが気に入り、インチダウンしました。17インチの45扁平タイヤより16インチの50%の厚タイヤのほうがロードスターにはバランスが良いように思います。見た目以上に乗り味に満足です。

IMG_2887_RIMG_3355

ビフォアー(純正RS用17インチ)→アフター(エンケイ16インチ)

IMG_3352IMG_3353

ディレッアのショルダーデザインも私の好みです。リム幅はノーマルの6.5Jから7Jになり良い感じ。

これから秋本番、オープンドライブにいそしみたいと思います。

オープンカーは車内もボデイの一部です。

Date: 2022.07.25(Mon) Categories:

3月に納入させていただきました。H様はイタリア製高級スポーツカーも所有されておられるマニアです。その審美眼にロードスターが合格いただいたことは私にとっても誇らしい気分です。H様はほとんどオープン状態でご使用いただいてます。ロードスター乗りのお手本のような方です。そんなロードスターの室内も見せる演出が必要と色々カスタムをしておられます。この度、欧州ではレザー以上に人気のアルカンタラのブーツをご注文いただきました。ついでにユピテルの取り付けも承りました。

IMG_3200IMG_3201

絶えず目につくところにお気に入りの素材が入ると気分も上がります。

IMG_3210IMG_3209

IMG_3199

こちらはH様手製のホワイトウッド&レッドベロアで上品かつゴージャスな仕上がりです。

 

エンケイ社製ホイル

Date: 2022.07.17(Sun) Categories:

アルミホイールのメーカーも星の数ほど存在しますが皆様それぞれのお好みのメーカーがあることと思います。私の今の押しはENKEIです。昨年NBロードスターに取り付ける予定の「イゲタ型」もエンケイ製でした。好みの理由は軽量・高剛性・リーズナブルと三拍子そろっているところです。私が崇拝するRE雨宮もENKEI一筋ということも大きく影響しています。今回M君から譲り受けました。謎のTOYOタイヤもパターンデザインがかっこよくて手持ちのアクセラハイブリッド/牽引用ウイングロードに装着しようとトライしましたがマッチング不可で断念しました。しばらくショールームで鑑賞用に保管します。また装着可能なモデルが入荷したら報告します。

IMG_3181IMG_3183ブロンズカラーに引き込まれます。

IMG_3186IMG_3184謎のTOYOタイヤは一応ZR規格でグリップしそうなトレッドデザインです。

 

ENKEIは40年位昔に日曜8:00からの西部警察(石原軍団勢ぞろいで派手なカースタントが売りの)のスポンサーでした。TOYOタイヤもモータースポーツのスポンサーも続けて最近イメージアップしていると思います。

 

 

軽トラック ブーム です!!

Date: 2022.06.19(Sun) Categories:

 2シーター 2ドア ミッドシップ で 田舎のスーパーカーと揶揄される軽トラックですが業務以外にアウトドアや通勤用に利用する人が増えてます。安全装備や快適装備も乗用車と同等かそれ以上の豪華さです。ボディカラーもカラフルでおしゃれになっています。今回 ダイハツのハイゼットジャンボの試乗車を配備しました。広い室内が特徴です。CVT&4WDでjet の牽引などもできそうです。この夏 おすすめの1台です!!

IMG_3112IMG_3113

IMG_3111

LEDヘッドライト&LEDフォグランプ で乗用車の顔です。

 

ブラック&ゴールド!!

Date: 2022.06.10(Fri) Categories:

  息子に貸し出したND型ロードスターですが、返却されないまま半年が経過しました。ライン装着タイヤのアドバンスポーツV105の残り溝も少なくなってきました。タイヤが減った分、腕前が上がった事を願っています。私としてはタイヤの交換のつもりでしたが、目ざとい息子はNB型に履かせている限定マツダスピードのゴールドアルミ&ダンロップ ディレッアを手際よく外してもってゆきました。気が付けばノーマル14インチのお上品になったNBロードスターが佇んでいました。一方ブラックボデイにゴールデンホイールで金ピカのNDは息子のドライブで走り去ってゆきました。(涙)

IMG_3088IMG_3089

黒/金はロータスJPS(ジョン・プレーヤー・スペシャル)のイメージです。

IMG_3065

NDの足回りのバランスが良かったのでしょう、アドバンも均等にキレイに摩耗しています。スリップサインまでもう少し使えそうです。

IMG_3066IMG_3067

のんびり流すにはノーマル14インチは快適でしょう・・・。

 

我慢しきれずにやっちゃいました!!

Date: 2022.03.24(Thu) Categories:

私の車庫に仲間入りした3代目NCロードスター。以前報告のとおりコンディションもよくノーマルで乗るのが良いと自分に言い聞かせてきましたが、なぜか手元には「RS-R」のダウンサスが届いています。これから暖かくなってツーリングのシーズンがやってきます。我慢はストレスの元と言い訳しながらメカニックのNさんに作業をお願いしました。下回りのチェックの結果 ボールジョイントのダストブーツやバンプストッパーなども消耗していましたので同時交換でリフレッシュ完了です。

IMG_2820_RIMG_2821_R

NC型の最大の泣き所「フェンダーの隙間」いつ見ても私的には精神衛生上よくありません。

IMG_2825_RIMG_2830_R

オートエグゼよりダウン量の大きい25mmのRS-Rは私の守護神的存在であります。NR-Aに標準のビルシュタイン製ダンパーも磨きました。

IMG_2831_RIMG_2829_R

ダストカバーとバンプストップラバーも交換します。黄色に輝くダンパーは私にとって水戸黄門の印籠のようなものです。

 

IMG_2834_RIMG_2835_R

迷った結果、アルミホイールは純正RSグレード用の17インチ&ポテンザに決定。(ノーマル装着の軽量16インチ&ディレッアも魅力でしたが・・・)

SUVもローダウン

Date: 2022.03.20(Sun) Categories:

この度、初代CX-5からビッグチェンジしたCX-5にお乗り換えのI様は服装からアクセサリー、音楽、などこだわりセンス良いライフスタイルを楽しんでおられます。もちろんクルマに対するこだわりも人一倍強く、この度新型CX-5のブラックトーンエディションをご成約いただき、私の喜びも倍増です。そんなI様のリクエストが程よいローダウンということでオートエグゼのスプリングを選択しました。約20mmのダウン量でお洒落なI様の相棒として様々なシーンで活躍することと思います。末永くご愛用下さいませ。車検対応のローダウンをご希望の方はお問い合わせお待ちしております。

IMG_2810_RIMG_2812_R

ノーマル状態。クリアランスが気になります。

IMG_2823_RIMG_2824_R

オートエグゼのスプリングに交換で引き締まりました。

IMG_2813_R

マツダの純正扱いのオートエグゼは品質も高く、乗り味も大きく損なうことなくビジュアルを引き立ててくれます。

念ずれば通ずる!!の巻

Date: 2022.02.25(Fri) Categories:

以前このコーナーでアルミホイ―ルの修正をアップしてました。その時点では手元にないNC型ロードスターが手にはいったら取り付けしたいという計画でした。その後コツコツと掘り出し物を捜索しておりました。理想はホワイトのボディカラーの幌型で中期型のMT車。走行距離はこだわらないですが、できればパーティーレース仕様の「NR-A」グレードがあればパーフェクトと神様にお願いしておりました。そんな日々が続く中ついに運命の出逢いが・・・愛知のM自動車様の展示場に鎮座していた個体を譲っていただきました。F店長ありがとうございました。当分はNR-A中心の生活になりそうです。

IMG_2744_RIMG_2746_R

中期型はシャープなヘッドライトとフォグランプベゼルが特徴です。くすみもなくクリアな瞳にイチコロです。幌は新品に張り替え済おまけにレッドのクロス地でお洒落度1000%

IMG_2745_RIMG_2749_R

NR-Aグレードの最大のポイントはビルシュタイン社製のショックアブソーバーが付いてます。

IMG_2753_RIMG_2752_R

このモデルからレッドゾーンが7500RPMに引き上げられ、MTの楽しさアゲアゲ!!4点式ストラットタワーバーやアルミペダルも標準仕様です。

IMG_2748_RIMG_2747_R

標準のアルミは軽量化の為あえて16インチ。タイヤはディレッアでこのグレードのキャラクターとしては教科書どおりの組み合わせ。これまでのロードスターでは乗るときは必ずオープンにしてましたが、この車では赤い幌を観てもらいたくてクローズでの走行になってしまいそう・・・。タイヤハウスの隙間だけは何とかしなくては。またリポートします。

アルミホイルの傷、簡易修正の巻

Date: 2022.02.04(Fri) Categories:

クルマのドレスアップのスタートは「アルミホイールの交換から」という方は多いのではないでしょうか?私も以前は少しでも太くて大径の社外製の目立つホイルを好んで愛車に装着しておりました。取り付けた直後は満足なのですが月日が経過すると飽きてきて元に戻すパターンがありました。純正のホイールは車体を引き立てるようにデザインされている事に気づかされました。かといってノーマルのままでは面白くないので、別のモデルの純正アルミを装着するのが秘かなブームのようです。倉庫に眠っていたRX-8の標準グレード用の純正アルミホイールは16インチでRX-8につけるには物足りませんが7Jのリムは魅力的です。今私がこっそり探しているNC型ロードスターの車体には充分ボリューム感がでそうです。良い出物が見つかったらすぐに取り付けできるようリムのガリ傷を専用パテで修正しました。取り付けるタイヤはヨコハマの新型ネオバ215/45-16が似合いそうで妄想に浸っています。アルミホイールの傷が気になる方はご相談ください。

IMG_2699_RIMG_2698_R

本来の組み合わせは225/60-15のタイヤでした。当時は思いませんでしたが今見るとシンプルでよいデザインだと思います。

IMG_2673 IMG_2672 IMG_2671

艶も保持され汚れもなく綺麗ですが、よく見ると2本のリム部にキズが・・・これでは未来の愛車に取り付けできません。

IMG_2697_RIMG_2696_R

手先が器用で根気のあるメカニックNさんが時間をかけて修正してくれました。近くで見ると修復跡はわかりますが、低価格での仕上がりに満足です。

 

 

 

ロードスターND型が強奪されました!

Date: 2021.12.20(Mon) Categories:

大学を卒業し技術学校でメカニックの資格を取得中の息子は赤いRX-8に乗ってましたが2年が経過して車検を迎えました。18インチのアドバンもスリップサインが出て、プラグやセルモーターも交換して予防整備と車検のため工場にピットインしました。その間、私の愛機、ND型ロードスタ1号機(幌型6MTジェットブラック)を貸してあげたのですが、勝手に自分仕様に室内を飾り付けマフラーも勝手に注文して交換するようです!!私に返す気持ちは、全く無い様子です。この夏手に入れたNB型の3号機の出動機会が増えそうです。そこでエンジンオイルにモリブデンの添加剤を注入しました。慣らし運転代わりに小春日和の志摩半島を走ってきました。

IMG_2517_RIMG_2514_R

相差(おおさつ)の鯨崎です。昔はクジラが捕れたそうです。

IMG_2513_RIMG_2515_R

今、人気の海女小屋がありました。

IMG_2511_RIMG_2516_R

磯では海女さんが漁をしてました、冬の海は透明度が高くてキレイですが大変なお仕事です。

IMG_2524_RIMG_2526_R

私も海女さんに負けずに気合で「フルオープン」です。

ウエッブチューンド ロードスター!

Date: 2021.12.16(Thu) Categories:

以前ご紹介しました、自分用に調達したエンケイ製ホワイト ホイールをお買い上げいただきました。市内H様の車体は限定バージョンの「ウエッブチューンド」ロードスターです。外装や内装など自分のお好みでオーダーできた、まさに自分好みの1台です。今回ノーマルホイールからの付け替えに合わせてホイールハブとキャリパーの塗装も一緒に施工させていただきました。ノーマルホイールと比べてかなり軽量になりました。ばね下重量の軽量化は車体の軽量化の4倍程度の効果があると言われています。H様も一層シャープになった乗り味をご堪能いただけることでしょう!!ロードスターの相場も上昇傾向です。これからも大切にお乗りいただきますように!!

IMG_2530_RIMG_2532_R

ノーマルホイールの状態。

IMG_2534_RIMG_2533_R

ホイルを外すとローターやホイルハブが錆びていました。スポークタイプのホイルに交換するのでこちらも「お化粧」することとなりました。

IMG_2538_RIMG_2537_R

キャリパーはH様のお気に入りのレッドペイント。

IMG_2536_RIMG_2535_R

オフセットもバッチリ、ツライチで実際よりもホイルが大きくワイドに見えます。いつもの悪い癖で手放すのが惜しくなりました(笑)。

2足のワラジは履けません!!

Date: 2021.10.03(Sun) Categories:

緊急事態宣言も解除されドライブの季節になりました。このところNB型ロードスターにゾッコンで、日常の足として活躍してくれています。当初、気に入らなかった標準のアルミホイールも見慣れたら良く見えてきたところが、予てより手配していた社外ホイールが届きました。エンケイ製CPS-Ⅱです。強度と軽量が特徴でロードスターにピッタリの製品ですが、タイミング悪く別の魅力的な逸品が倉庫から出てきました。それは全国200台限定のマツダスピードNBに装着していた16インチ・ゴールド仕様です。エンケイか悩んだ末にゴールドに軍配が上がりました。気分次第で付け替えしようかとも考えましたが2足のワラジを履くほどマメではありません。そんな経緯でホワイト・エンケイを放出します。詳細は中古車コーナーをご覧いただければ幸いです。

IMG_2178_RIMG_2177_R

当初のアルミホイール交換計画(案)・・・エンケイ製ホワイトアルミ

IMG_2259IMG_2260

悩んだ末にマツダスピード限定車用ゴールドの16インチ。限定200台の装着ホイール

 

 

IMG_2297_RIMG_2296_R

組み合わせたタイヤはダンロップ ディレッツァです。

NBロードスター 再生!!

Date: 2021.07.13(Tue) Categories:

BSチャンネルのディスカバリーのお気に入りの「名車再生・クラシックカーディーラー」という番組があります。廃車寸前のクルマを愛情込めて再生させて販売するお話ですが、「儲けは出なくとも蘇ったクルマが新たな持ち主の元で元気に走ってくれれば満足です!!」という決めセリフに共感しています。前回ご紹介しましたNB型ロードスターはそれほど大げさな作業は必要ありませんが細かいところに手をかけて気持ち良く走れるよう整備して参ります。作業はベテランのNメカニックに担当してもらいます。いつもの悪い癖で気になる部分は見逃せません時間をかけて仕上げます。

IMG_1990_RIMG_1987_R

IMG_1989_Rブレーキキャリパーとローターが汚れていたのが気になりまして・・・

IMG_1994_RIMG_1992_R見えない所をリフフレッシュする満足感が◎

IMG_1983_R燃料インジェクターの洗浄剤はガソリンに注入してOKです。

気軽に乗れるのがいいのですが・・・

Date: 2021.07.07(Wed) Categories:

太陽の拝めない梅雨空が続きますが気が付けばカレンダーは入道雲とビーチの風景写真の7月になってます。早く夏の陽射しのもと屋根を開けて海沿いを走りたいです。今の愛車は現行モデルのロードスターですが、小心者の為、汚れた靴や服装で乗ったりすることができません。雨の日は泥はねが気になって乗りません。ツーリングは楽しみますがフロントに虫がはりついたり、工事中で路面が砂利だとタイヤが気になってアクセルも踏めません。ドライブから戻ると車内の掃除機と洗車を済ませないとおちつきません。新しいクルマは楽しいものの、そんなストレスが溜まります。かねてより雨や埃を気にせずに乗り回せる古いモデルを探してましたがついに手頃な2世代目NB型ロードスターを手に入れましたシルバーで汚れも目だたず理想の1台です。受け入れのチェックをしたところ予想以上に綺麗で前のオーナーも私のようなオタクが所有していたようです。良い掘り出し物を見つけ、うれしい反面この綺麗なコンディションを保つためのストレスが続きそうです。

IMG_1972_R2世代目の後期型NB6Cロードスター平成14年式!!

IMG_1977_Rヘッドライトが薄型になってカッコよくなりました。くすみがなく輝いてます。

IMG_1975_R幌もビニールからクロス地に張り替えられ高級感があります。

IMG_1976_R室内も色あせなくガレージ保管の様子。ホワイトメーターとナルディハンドルが気に入りました

IMG_1974_R車体も傷・へこみが一切なく良い艶が出てます。これからも固形ワックスを掛けなければ!!

ノーマルで乗る予定ですがドレスアップなど悪い虫が騒ぎだしそうです。