社長ブログ

軽トラック ブーム です!!

Date: 2022.06.19(Sun) Categories:

 2シーター 2ドア ミッドシップ で 田舎のスーパーカーと揶揄される軽トラックですが業務以外にアウトドアや通勤用に利用する人が増えてます。安全装備や快適装備も乗用車と同等かそれ以上の豪華さです。ボディカラーもカラフルでおしゃれになっています。今回 ダイハツのハイゼットジャンボの試乗車を配備しました。広い室内が特徴です。CVT&4WDでjet の牽引などもできそうです。この夏 おすすめの1台です!!

IMG_3112IMG_3113

IMG_3111

LEDヘッドライト&LEDフォグランプ で乗用車の顔です。

 

ブラック&ゴールド!!

Date: 2022.06.10(Fri) Categories:

  息子に貸し出したND型ロードスターですが、返却されないまま半年が経過しました。ライン装着タイヤのアドバンスポーツV105の残り溝も少なくなってきました。タイヤが減った分、腕前が上がった事を願っています。私としてはタイヤの交換のつもりでしたが、目ざとい息子はNB型に履かせている限定マツダスピードのゴールドアルミ&ダンロップ ディレッアを手際よく外してもってゆきました。気が付けばノーマル14インチのお上品になったNBロードスターが佇んでいました。一方ブラックボデイにゴールデンホイールで金ピカのNDは息子のドライブで走り去ってゆきました。(涙)

IMG_3088IMG_3089

黒/金はロータスJPS(ジョン・プレーヤー・スペシャル)のイメージです。

IMG_3065

NDの足回りのバランスが良かったのでしょう、アドバンも均等にキレイに摩耗しています。スリップサインまでもう少し使えそうです。

IMG_3066IMG_3067

のんびり流すにはノーマル14インチは快適でしょう・・・。

 

我慢しきれずにやっちゃいました!!

Date: 2022.03.24(Thu) Categories:

私の車庫に仲間入りした3代目NCロードスター。以前報告のとおりコンディションもよくノーマルで乗るのが良いと自分に言い聞かせてきましたが、なぜか手元には「RS-R」のダウンサスが届いています。これから暖かくなってツーリングのシーズンがやってきます。我慢はストレスの元と言い訳しながらメカニックのNさんに作業をお願いしました。下回りのチェックの結果 ボールジョイントのダストブーツやバンプストッパーなども消耗していましたので同時交換でリフレッシュ完了です。

IMG_2820_RIMG_2821_R

NC型の最大の泣き所「フェンダーの隙間」いつ見ても私的には精神衛生上よくありません。

IMG_2825_RIMG_2830_R

オートエグゼよりダウン量の大きい25mmのRS-Rは私の守護神的存在であります。NR-Aに標準のビルシュタイン製ダンパーも磨きました。

IMG_2831_RIMG_2829_R

ダストカバーとバンプストップラバーも交換します。黄色に輝くダンパーは私にとって水戸黄門の印籠のようなものです。

 

IMG_2834_RIMG_2835_R

迷った結果、アルミホイールは純正RSグレード用の17インチ&ポテンザに決定。(ノーマル装着の軽量16インチ&ディレッアも魅力でしたが・・・)

SUVもローダウン

Date: 2022.03.20(Sun) Categories:

この度、初代CX-5からビッグチェンジしたCX-5にお乗り換えのI様は服装からアクセサリー、音楽、などこだわりセンス良いライフスタイルを楽しんでおられます。もちろんクルマに対するこだわりも人一倍強く、この度新型CX-5のブラックトーンエディションをご成約いただき、私の喜びも倍増です。そんなI様のリクエストが程よいローダウンということでオートエグゼのスプリングを選択しました。約20mmのダウン量でお洒落なI様の相棒として様々なシーンで活躍することと思います。末永くご愛用下さいませ。車検対応のローダウンをご希望の方はお問い合わせお待ちしております。

IMG_2810_RIMG_2812_R

ノーマル状態。クリアランスが気になります。

IMG_2823_RIMG_2824_R

オートエグゼのスプリングに交換で引き締まりました。

IMG_2813_R

マツダの純正扱いのオートエグゼは品質も高く、乗り味も大きく損なうことなくビジュアルを引き立ててくれます。

念ずれば通ずる!!の巻

Date: 2022.02.25(Fri) Categories:

以前このコーナーでアルミホイ―ルの修正をアップしてました。その時点では手元にないNC型ロードスターが手にはいったら取り付けしたいという計画でした。その後コツコツと掘り出し物を捜索しておりました。理想はホワイトのボディカラーの幌型で中期型のMT車。走行距離はこだわらないですが、できればパーティーレース仕様の「NR-A」グレードがあればパーフェクトと神様にお願いしておりました。そんな日々が続く中ついに運命の出逢いが・・・愛知のM自動車様の展示場に鎮座していた個体を譲っていただきました。F店長ありがとうございました。当分はNR-A中心の生活になりそうです。

IMG_2744_RIMG_2746_R

中期型はシャープなヘッドライトとフォグランプベゼルが特徴です。くすみもなくクリアな瞳にイチコロです。幌は新品に張り替え済おまけにレッドのクロス地でお洒落度1000%

IMG_2745_RIMG_2749_R

NR-Aグレードの最大のポイントはビルシュタイン社製のショックアブソーバーが付いてます。

IMG_2753_RIMG_2752_R

このモデルからレッドゾーンが7500RPMに引き上げられ、MTの楽しさアゲアゲ!!4点式ストラットタワーバーやアルミペダルも標準仕様です。

IMG_2748_RIMG_2747_R

標準のアルミは軽量化の為あえて16インチ。タイヤはディレッアでこのグレードのキャラクターとしては教科書どおりの組み合わせ。これまでのロードスターでは乗るときは必ずオープンにしてましたが、この車では赤い幌を観てもらいたくてクローズでの走行になってしまいそう・・・。タイヤハウスの隙間だけは何とかしなくては。またリポートします。

アルミホイルの傷、簡易修正の巻

Date: 2022.02.04(Fri) Categories:

クルマのドレスアップのスタートは「アルミホイールの交換から」という方は多いのではないでしょうか?私も以前は少しでも太くて大径の社外製の目立つホイルを好んで愛車に装着しておりました。取り付けた直後は満足なのですが月日が経過すると飽きてきて元に戻すパターンがありました。純正のホイールは車体を引き立てるようにデザインされている事に気づかされました。かといってノーマルのままでは面白くないので、別のモデルの純正アルミを装着するのが秘かなブームのようです。倉庫に眠っていたRX-8の標準グレード用の純正アルミホイールは16インチでRX-8につけるには物足りませんが7Jのリムは魅力的です。今私がこっそり探しているNC型ロードスターの車体には充分ボリューム感がでそうです。良い出物が見つかったらすぐに取り付けできるようリムのガリ傷を専用パテで修正しました。取り付けるタイヤはヨコハマの新型ネオバ215/45-16が似合いそうで妄想に浸っています。アルミホイールの傷が気になる方はご相談ください。

IMG_2699_RIMG_2698_R

本来の組み合わせは225/60-15のタイヤでした。当時は思いませんでしたが今見るとシンプルでよいデザインだと思います。

IMG_2673 IMG_2672 IMG_2671

艶も保持され汚れもなく綺麗ですが、よく見ると2本のリム部にキズが・・・これでは未来の愛車に取り付けできません。

IMG_2697_RIMG_2696_R

手先が器用で根気のあるメカニックNさんが時間をかけて修正してくれました。近くで見ると修復跡はわかりますが、低価格での仕上がりに満足です。

 

 

 

ロードスターND型が強奪されました!

Date: 2021.12.20(Mon) Categories:

大学を卒業し技術学校でメカニックの資格を取得中の息子は赤いRX-8に乗ってましたが2年が経過して車検を迎えました。18インチのアドバンもスリップサインが出て、プラグやセルモーターも交換して予防整備と車検のため工場にピットインしました。その間、私の愛機、ND型ロードスタ1号機(幌型6MTジェットブラック)を貸してあげたのですが、勝手に自分仕様に室内を飾り付けマフラーも勝手に注文して交換するようです!!私に返す気持ちは、全く無い様子です。この夏手に入れたNB型の3号機の出動機会が増えそうです。そこでエンジンオイルにモリブデンの添加剤を注入しました。慣らし運転代わりに小春日和の志摩半島を走ってきました。

IMG_2517_RIMG_2514_R

相差(おおさつ)の鯨崎です。昔はクジラが捕れたそうです。

IMG_2513_RIMG_2515_R

今、人気の海女小屋がありました。

IMG_2511_RIMG_2516_R

磯では海女さんが漁をしてました、冬の海は透明度が高くてキレイですが大変なお仕事です。

IMG_2524_RIMG_2526_R

私も海女さんに負けずに気合で「フルオープン」です。

ウエッブチューンド ロードスター!

Date: 2021.12.16(Thu) Categories:

以前ご紹介しました、自分用に調達したエンケイ製ホワイト ホイールをお買い上げいただきました。市内H様の車体は限定バージョンの「ウエッブチューンド」ロードスターです。外装や内装など自分のお好みでオーダーできた、まさに自分好みの1台です。今回ノーマルホイールからの付け替えに合わせてホイールハブとキャリパーの塗装も一緒に施工させていただきました。ノーマルホイールと比べてかなり軽量になりました。ばね下重量の軽量化は車体の軽量化の4倍程度の効果があると言われています。H様も一層シャープになった乗り味をご堪能いただけることでしょう!!ロードスターの相場も上昇傾向です。これからも大切にお乗りいただきますように!!

IMG_2530_RIMG_2532_R

ノーマルホイールの状態。

IMG_2534_RIMG_2533_R

ホイルを外すとローターやホイルハブが錆びていました。スポークタイプのホイルに交換するのでこちらも「お化粧」することとなりました。

IMG_2538_RIMG_2537_R

キャリパーはH様のお気に入りのレッドペイント。

IMG_2536_RIMG_2535_R

オフセットもバッチリ、ツライチで実際よりもホイルが大きくワイドに見えます。いつもの悪い癖で手放すのが惜しくなりました(笑)。

2足のワラジは履けません!!

Date: 2021.10.03(Sun) Categories:

緊急事態宣言も解除されドライブの季節になりました。このところNB型ロードスターにゾッコンで、日常の足として活躍してくれています。当初、気に入らなかった標準のアルミホイールも見慣れたら良く見えてきたところが、予てより手配していた社外ホイールが届きました。エンケイ製CPS-Ⅱです。強度と軽量が特徴でロードスターにピッタリの製品ですが、タイミング悪く別の魅力的な逸品が倉庫から出てきました。それは全国200台限定のマツダスピードNBに装着していた16インチ・ゴールド仕様です。エンケイか悩んだ末にゴールドに軍配が上がりました。気分次第で付け替えしようかとも考えましたが2足のワラジを履くほどマメではありません。そんな経緯でホワイト・エンケイを放出します。詳細は中古車コーナーをご覧いただければ幸いです。

IMG_2178_RIMG_2177_R

当初のアルミホイール交換計画(案)・・・エンケイ製ホワイトアルミ

IMG_2259IMG_2260

悩んだ末にマツダスピード限定車用ゴールドの16インチ。限定200台の装着ホイール

 

 

IMG_2297_RIMG_2296_R

組み合わせたタイヤはダンロップ ディレッツァです。

NBロードスター 再生!!

Date: 2021.07.13(Tue) Categories:

BSチャンネルのディスカバリーのお気に入りの「名車再生・クラシックカーディーラー」という番組があります。廃車寸前のクルマを愛情込めて再生させて販売するお話ですが、「儲けは出なくとも蘇ったクルマが新たな持ち主の元で元気に走ってくれれば満足です!!」という決めセリフに共感しています。前回ご紹介しましたNB型ロードスターはそれほど大げさな作業は必要ありませんが細かいところに手をかけて気持ち良く走れるよう整備して参ります。作業はベテランのNメカニックに担当してもらいます。いつもの悪い癖で気になる部分は見逃せません時間をかけて仕上げます。

IMG_1990_RIMG_1987_R

IMG_1989_Rブレーキキャリパーとローターが汚れていたのが気になりまして・・・

IMG_1994_RIMG_1992_R見えない所をリフフレッシュする満足感が◎

IMG_1983_R燃料インジェクターの洗浄剤はガソリンに注入してOKです。

気軽に乗れるのがいいのですが・・・

Date: 2021.07.07(Wed) Categories:

太陽の拝めない梅雨空が続きますが気が付けばカレンダーは入道雲とビーチの風景写真の7月になってます。早く夏の陽射しのもと屋根を開けて海沿いを走りたいです。今の愛車は現行モデルのロードスターですが、小心者の為、汚れた靴や服装で乗ったりすることができません。雨の日は泥はねが気になって乗りません。ツーリングは楽しみますがフロントに虫がはりついたり、工事中で路面が砂利だとタイヤが気になってアクセルも踏めません。ドライブから戻ると車内の掃除機と洗車を済ませないとおちつきません。新しいクルマは楽しいものの、そんなストレスが溜まります。かねてより雨や埃を気にせずに乗り回せる古いモデルを探してましたがついに手頃な2世代目NB型ロードスターを手に入れましたシルバーで汚れも目だたず理想の1台です。受け入れのチェックをしたところ予想以上に綺麗で前のオーナーも私のようなオタクが所有していたようです。良い掘り出し物を見つけ、うれしい反面この綺麗なコンディションを保つためのストレスが続きそうです。

IMG_1972_R2世代目の後期型NB6Cロードスター平成14年式!!

IMG_1977_Rヘッドライトが薄型になってカッコよくなりました。くすみがなく輝いてます。

IMG_1975_R幌もビニールからクロス地に張り替えられ高級感があります。

IMG_1976_R室内も色あせなくガレージ保管の様子。ホワイトメーターとナルディハンドルが気に入りました

IMG_1974_R車体も傷・へこみが一切なく良い艶が出てます。これからも固形ワックスを掛けなければ!!

ノーマルで乗る予定ですがドレスアップなど悪い虫が騒ぎだしそうです。

 

鹿児島での活躍を祈ります!!

Date: 2021.05.28(Fri) Categories:

当社マスコットカーの初代センティアですが、ご縁があって鹿児島へ旅立つこととなりました。新しいオーナーは九州で手広く会社を経営して居られる社長様で、学生時代にご家族で同型センティアをご愛用いただいたご経歴の持ち主で、青春時代を思い出しご購入いただきました。よくあるコマーシャルのセリフではありませんが「オートザム松阪マツダはクルマを売るのではないんだ!!お客様に夢を買っていただくのだ!!」そんな気持ちで、納車整備を進めて参りました。そして商いの原点に返ったような取引をさせていただきました。I社長様、改めてありがとうございます。そしてセンティアで楽しかった良き時代にタイムスリップしてください!!

IMG_1832_RIMG_1834_R

お別れに息子もRX-8 で駆け付けました。記念の2ショット。

新旧③_R新旧①_R

私も、感謝の気持ちで磨いて新旧センティアの2ショットです。

積み込み④_R積み込み③_R

それまでの土砂降りも上がって、鹿児島へ旅立ちました。ドライバーさん、安全運転でI様の手元までお願いします。

ステッカーでリフレッシュ!!

Date: 2021.05.18(Tue) Categories:

相変わらずの自粛生活が続く中、例年より早い梅雨入りで、憂鬱な季節となりました。こんな時は明るい色目の服装で気分を盛り上げるようにしています。技術学校に入校した息子は制服のつなぎ服を半袖にリフォームして毎日、RX-8 で楽しく通学している様子です。そのエイトですがスパークプラグの交換をしてから調子よく走っていますが、少し飽きてきたのか、自分でサイドデカールを見つけて購入してきました。貼り付けは私の出番です。思ったよりマッチしました。おそらく学校の仲間に自慢するのでしょう。交通事故の無いよう願います。

IMG_1827_R貼り付ける部分は綺麗にして脱脂しておきます。

IMG_1829_R位置決めには時間をかけます。

IMG_1831_Rシワや気泡が入らないよう慎重に貼り付けます。

IMG_1830_Rカーボン調で、ローターのデザインもナカナカ良かったです。満足!!

360度死角なし!!

Date: 2021.02.26(Fri) Categories:

ドライブレコーダーも急激に普及し、事故時以外にも衝撃映像やオモシロ映像にも投稿されたりしています。そのドラレコも日々進化し「前方の映像」だけでなく、「360度全方位の画像」を記録するモデルが人気です。今回CX-5をオーダーいただきましたK様にもユピテルの新製品を取り付け予約をいただきましたが、そのスペックを気に入っていただき、先に奥様のおクルマに取り付けさせていただきました。この機種の特徴は360度のカメラ、モニター内蔵のボデイだけでなく、DSカードのフォーマット不要という点が高評価であります。これまでのドラレコはSDカードのフォーマットを定期的にしないと「イザという時の画像」の録画保存ができていないトラブルが、見参されています。みなさまのドラレコもフォーマットにご注意ください!!

IMG_1543_RIMG_1544_R

IMG_1545_RIMG_1548_R

車内の状態も鮮明に録画されます。

足元をイメージチェンジ!!

Date: 2020.11.24(Tue) Categories:

当社の特選中古車の中の1台で、私のお気に入りのアクセラ2.2XD。たまにエンジンのカーボンを飛ばすために走らせています。今の季節、サンルーフを開放してのツーリングは気持ちイイです。換気効果もバッチリです。そんなアクセラですが、以前にご紹介の通り「マツダスピード」のフロント&サイドスカートを取り付けてさり気なくスポーティになっていますが、アルミホイールの艶が引いていて、ずっと気がかりでした。そこで今回イメージチェンジを兼ねてブラック塗装することにしました。下地処理に大変な時間がかかりましたが、仕上がりは満足です。いつもの悪い病気で手元に残しておきたい気分です(汗)。只今、展示中です。ご来店お待ちしています。

IMG_1265_RIMG_1267_R下地処理が大変です。

IMG_1262_RIMG_1266_Rついでにブレーキキャリパーも綺麗にしました。

IMG_1268_RIMG_1264_R早く付けたい気持ちを抑えて、乾燥&磨き工程。

IMG_1286_RIMG_1287_R全体的に引き締まりました。

シーズンオフが大切です!!

Date: 2020.10.30(Fri) Categories:

今年は天候も疫病も、いつもと違う年です。今となっては熱い夏が恋しいこの頃です。水遊びの季節が終わりましたので、JET SKIも来シーズンに向けてメンテナンスをしています。水上バイクの世界もビンテージブームがジワジワとやってきそうな気配です。そんな訳で初代スタンドアップタイプを更に大切にしたいと思い、船体の傷を修理することにしました。エアロパーツ同様にボート系FRP の補修なども承りますので気になる方はご相談にいらしてください。

CIMG0249_RCIMG0247_R

浅瀬航行可能なJETといえども無理は禁物です。永年の使用で傷が拡張されています。

CIMG0250_RCIMG0251_R

ゲルコート仕上げで傷が埋まりました。

IMG_1197_RCIMG0246_R

船底の作業なので手間も時間もかかります。

 

 

速く走るためのブレーキです。

Date: 2020.10.27(Tue) Categories:

鈴鹿サーキットの本コースをホームグラウンドにロードスターNR-Aをお楽しみのO様。前回の点検でブレーキパッドの残量が残り僅かでしたから、今回、前後ブレーキパッド交換にご入庫されました。ブレーキといえば速度を落とすものですから、「ゆっくり走る」意味を連想しますが、O様のようにスポーツ走行する方にとっては速く走るため(タイムを短縮するため)のマストアイテムです。今回、選んだのはプロジェクトμ(ミュー)の製品です。即使えるようパッドの当たり面も調整して組み込みさせていただきました。安全運転でよろしくお願いします。

IMG_1192_RIMG_1194_R

レイトンブルー(?懐かしい)がプロジェクトμの印です。

IMG_1196_RIMG_1195_R

ロードスターの中でもサーキット走行を想定したグレード

「NR-A」は走りのオーラが違います。

気分は西海岸!!

Date: 2020.09.23(Wed) Categories:

近頃、USAで日本の軽トラックが大人気らしいです。MADE IN JAPANの品質と経済性が、うけてガーデニングやDIYの買い出し、に使用するようです。しかも遊び心のある国民性がありますから、お洒落に改造して乗り回すのでしょう。そんなブームを予言したわけではありませんが15年近く前に愛用していました「ポータキャブ」(その当時でも旧車でした)が永い眠りから目覚めました。ジェットスキーなど引っぱれば、地元の砂浜もキャリフォールニァになるかも(なるわけないダロー)ということで、15年若返った気分でハンドルを握ります。

IMG_1153_RIMG_1155_R昭和レトロ感が心地よいです。

只今、JET―SKYもレトロなものをレストア中です。いつでも牽引できるようヒッチメンバーもスタンバイOKです。

IMG_1154_Rあいにく現行モデルの3人乗りを引っ張るのはしんどそうです。

RX-8 ソレノイドバルブ交換

Date: 2020.07.17(Fri) Categories:

コマメなお手入れでボデイの水滴が真ん丸なK君のRX-8、以前からチェックランプが点いたり消えたりで様子を見ていましたが梅雨明けのツーリング前に解決することにしました。診断の結果ソレノイドバルブの作動不良のようです。3個のうち1個が異常値を示していましたが簡単に交換できない部分に装着されているので3個とも交換することになりました。これでメーターパネルの目障りだった警告灯も消えて走りに専念できることでしょう。

IMG_1007_Rソレノイドバルブ、もちろん純正部品ですが、なぜか三菱のマークが!!

IMG_1008_Rエアークリーナーボックス。結構 大きいです。

IMG_1005_Rインテークマニホールドも外しました。

祝 マツダ 100周年

Date: 2020.07.10(Fri) Categories:

本年はメーカーとしてのマツダ㈱の創業100周年の節目の年です。春先から様々なイベントが企画されてましたが新型〇〇〇の影響でことごとく、延期や中止で現在に至っており残念です。販売モデルも各車に特別仕様の100TH記念モデルが設定されています。カッコいい仕上がりなので是非、公式HPにてご確認ください。そんな訳でCMでもマツダR360クーペなど懐かしいモデルが取沙汰されていますが2代目キャロルが、当社のマスコットに加わりました。(初代キャロルは手に入りませんので・・・)今どきの軽自動車は大きいですが、昔のクルマは小さくてカワイイですね。

IMG_0979_RIMG_0982_R2代目キャロルは、オートザム キャロルとして

IMG_0980_RIMG_0981_R550ccからスタートしました。現車は660cc

メーターパネルも外観同様丸いカワイイ仕上がりで、当時、一世風靡しました。

能ある鷹は爪を隠す!

Date: 2020.05.16(Sat) Categories:

非常事態宣言も解除され新たな一歩が踏み出されようとしています。こんな時こそ五月晴れの下、さわやかに過ごしたいのですが、そろそろ梅雨入りの知らせが聞こえてきそうです。せめて明るい色のワードローブを身に着けて気分を揚げていこうと思います。今回、ご紹介するのは、1月にオールシーズンタイヤを装着いただきました、XVのI様です。新製品のタイヤにご満足いただき、さらにサスペンションの強化をさせていただきました。車高は落とさずに「プローバのスプリング」と「KYBのダンパー」で減衰力を高めることにしました。タイヤの奥にチラッと見えるレオレンジ&ブルーの足が「戦闘力」の高さをさり気なくアピールして、素敵です。伊勢志摩スカイラインで、仕上がりをお確かめとの事、これからも安全運転よろしくお願いします。

IMG_0850IMG_0849IMG_0852

IMG_0851IMG_0853

羊の皮を被った狼の巻

Date: 2020.04.19(Sun) Categories:

空気を切り裂くような流れるデザインでいかにも早そうなスポーツカーは眺めるだけでゾクゾクしますが、その対極で平凡なルックスに高性能なエンジンを積んだクルマも魅力的であります。私のような古い人間の間では「羊の皮を被った狼」とは初代スカイライン2000GT-Rをイメージしますが今回ご紹介のアクセラも、その部類に属する名車だと思います。通常モデルでは1500ccを搭載していますがそのコンパクトボデイにマツダが世界に誇る名機スァイアクディブ2.2DツインターボDOHCをぶち込んだ伝説のスポーツモデルです。ボデイカラーも控えめなアルミニウムメタリックなので、少しは走りのアピールをしたいと思いマツダスピードのフロント&サイドスポイラーを装着することにしました。取付作業はクルマをカッコ良く仕上げることに情熱を傾ける若手メカのF君です。詳細はユーズドカーのコーナーに掲載予定です。気になる方はご検討よろしくお願いします。

IMG_0828IMG_0830

IMG_0831IMG_0834

 

新ウイルスに負けるな!

Date: 2020.04.17(Fri) Categories:

コロナウイルスの感染状況は日増しに深刻となっております。犠牲者のご冥福と感染者の回復をお祈りしております。そういった世相の中、自粛を余儀なくされておりますが、息抜きも必要です。今回、マイ ファミリーカーのテールランプを交換することにしました。標準の丸2灯式も気に入っていましたが、後期型風の丸4灯式をチョイスしました。スモークレンズで高級感UPしました。ストレス発散に制限速度内でぶっ飛ばしてきます。

IMG_0817IMG_0820

IMG_0818IMG_0819

オートエグゼで完全武装!!

Date: 2020.02.29(Sat) Categories:

好調のMAZDA3ですが、その売りは、やはりスポーティなデザインと走りの良さでしょう。今回マニアックに6MTを納入させていただきましたM様にオートエグゼの車高調整キットとボデイ剛性を高めるメンバーブレースセットをご注文いただきました。現物を確認しましたが接合部の品質や形状などこだわりがよくわかります。M様もご満足な様子です。後日、走りの感想もうかがいたいと思います。

IMG_2650IMG_2651IMG_2652

IMG_2654IMG_2693IMG_2666IMG_2692IMG_2691IMG_2665

高価なものには理由があります。

Date: 2020.02.17(Mon) Categories:

生産終了後のスポーツカーの価値は、びっくりするほど高騰しています。FD型RX-7や初代ユーノス ロードスターなどは、以前からそうでしたが、ここにきてRX-8も同様の動きがみられるようになりました。特にパールホワイトの「スピリットR」は手が出ない状態です。そんな高嶺の花子さんにお乗りのK様。車検入庫ありがとうございます。ロータリーエンジンお約束のスパークプラグ、プラグコードなど交換させていただきました。乗り飽きましたらいつでも引き取りますので、このままベストコンディションを維持してください。

IMG_2656IMG_2648IMG_2657

IMG_2660アルミホイールはワシマイヤー社製19インチ。ローターがモチーフの軽量鍛造のブロンド。

タイヤは、ポテンザ アドレナリンをチョイス。シートは定番のレカロ。Cピラーのエンブレムが特別感を演出しています。今どきのモデルにない「ワクワク」が溢れています。ほしい人には、いくら出資しても手に入れたいのも頷けます。

フィーリングが重要です。

Date: 2020.01.30(Thu) Categories:

ITの発達で情報が氾濫する今日この頃ですが、こんな時代こそ数値で評価できない感覚や、感性が求められるのではないでしょうか?前回ご紹介しました、相棒のRX-8用に息子がマフラーをみつけてきました。マフラーもサウンドが命です。動画などで下調べは出来ますが、やはり実際に装着してみないと善し悪しを見抜くことは困難です。まあ、FUJITUBOの製品ですから大丈夫と自分に言い聞かせながら、メカニックに交換作業をしてもらいました。上品で心地よいエキゾーストノートに、ついつい高回転まで回してしまいます。RX-7に比べてパワーは控えめですが自然吸気の伸びやかさと排気音のよさで、走りのフィーリングがUPしました。(自分自身はRE雨宮のドルフィンテールが気になっていたのですが・・・)

IMG_2633IMG_2632

IMG_2635IMG_2636_R

上段右側の共鳴管が良い音色を奏でてくれます。

ヨコハマから待望のオールシーズンタイヤ!!

Date: 2020.01.25(Sat) Categories:

年々、暖冬の傾向が強まってきているように感じます。温かいことは良い事のように思いがちですが、雪不足でスキー場や除雪業者など大変お困りのことと、案じております。年末より I様にはタイヤ交換の時期にオールシーズンタイヤをご検討いただいていました。今回ヨコハマタイヤからの新製品を装着いただきました。独特の溝がカッコイイです。今後、乗り心地やグリップ感覚など、ご感想を聞いてみたいと思います。IMG_2640_RIMG_2641_R

IMG_2642_RIMG_2643_R

縁あって引き取ることとなりました。

Date: 2019.12.17(Tue) Categories:

このところ、ロードスターやセンティアに入れ込んでいて、ロータリーエンジンはご無沙汰の生活を送っておりました。ご紹介のRX-8は、もともと私の愛車でしたが、NDロードスターに乗り換えという形で、市内K様にお譲りしましたが、訳あって手放されることとなりました。しばらく委託販売で店頭に展示しておりましたが、これほどコンディションの良い個体はそうそう出逢えないと思い、改めてマイカーとして乗ることにしました。乗り回していた約10年ほど前の楽しい記憶がよみがえります。

IMG_2627IMG_2628IMG_2629 オートエグゼのスプリングがついてます。

IMG_2631IMG_2630走行3.3万キロアドバンスポーツの残り溝もバッチリ、リアフォグは悪天候のみの使用に限ります。

IMG_2626消耗品のダストブーツ類は交換して車検を受けます。登録番号は「・654」で予約しました。13Bの1ローターの排気量です。

ダムド エアロで 生まれ変わりました。

Date: 2019.12.07(Sat) Categories:

IMG_2616 IMG_2617 IMG_2618 IMG_2619 IMG_2620

ディープブルーのボデイカラーにこだわりの、F様ですが、予てよりボデイのドレスアップの計画を練りながら、あれこれパーツを物色されていましたが、ダムドのフルエアロを奮発することとなりました。ピアノブラック塗装とさり気ないデザインで、デミオが一回り大きく感じる存在感です。高額なお買い物でしたが、それ以上の満足度を感じられた様子で私も一安心です。F様、縁石にはくれぐれも、ご注意くださいね。

 

 

マツダスピード リアスポイラー付けてみました!!

Date: 2019.08.23(Fri) Categories:

台風10号のお陰で不完全燃焼の夏休みが過ぎ去ってしまいました。その憂さ晴らし?にロードスターRFに変化を付けることにしました。もともと「フロントとサイドスカートは付けてリアスポイラーは装着しない派」なのですが、愛車はルーフがブラック仕様なのでトランクにもブラックのアクセントが欲しかった為、マツダスピードのリアスポイラー(ボデイ同色も選べます)を付けることにしました。控えめなリップタイプなので仕上がりも満足。ささやかな幸せをいただきました。

IMG_2513_Rマツダスピードの刻印が信頼の証

IMG_2514_R位置決めは、慎重に時間をかけます。

IMG_2515_R赤と黒のコントラストが絶妙です。